Tags

, , , , , , ,

I’d rather say ”two steps forward, one step back”, not a progress..
まぁ、進歩といいますが、一歩進んで二歩下がる的な感じです。

I found an interesting article about the wet plate process troubles and solutions.
I’d been believing that always the silver bath should be the first one to doubt when things didn’t go well. But this articles says ;
湿板のトラブルについて面白い記事を見つけました。  もし何かがうまく行かなかったとき、いつも硝酸銀を最初に疑っていましたが、この記事は

“When problems occur it is usually the Silver Bath’s fault.” –> No!
「何か問題が起こったら、それはたいてい硝酸銀のせいである」 ーー> 『ノー!』

I’ve gave it a sunning twice in a short period but I shouldn’t have done that.
短い期間に2回も硝酸銀をサンニングしましたが、やらなくてもよかったかも。
(記事には初心者はすぐに硝酸銀のせいにしたがる、というようなことが書いてありました。 まさに私。。)

Here’s the list of potential causes from the article :

  • wrong camera exposure times
  • light leaks or glare in the camera
  • light leaks in the darkroom or dark box or Silver Nitrate Bath box
  • just plain bad development technique
  • etc. etc.

    こんなことが原因の可能性だと記事は言ってます。

  • カメラの露光時間の間違い
  • カメラの光線漏れ
  • 暗室や硝酸銀ボックスの光線漏れ
  • 単に現像の技術が不足している
  • など。

    Here’s one of the problems happened to me yesterday.
    collodion-lifting
    The collodion layer was getting frilled. This happened on almost all the plate I made yesterday ending up with making “zero” plate.
    昨日私に起こった問題はコロジオンの剥離。 ほぼすべてのプレートにこれが起こって、一枚も成功しませんでした。

    If it was not because of the silver bath, it could be insufficient polishing of the reused glasses so I boiled the recycle glasses hoping that the remaining chemicals go away.
    glass-boiling
    もし硝酸銀のせいでないのなら、使い回しのガラスの磨き方が足りなかったのではと思ってガラスをボイルしてみました。

    Not sure if the boiling helped or not, but today’s result was not bad.
    The most exciting moment of the process…. fixing.. the image gradually comes up.
    fixing
    ボイルのおかげかどうかわかりませんが、今日の結果はまずまず。
    湿板のプロセスで一番テンションのあがる瞬間。  定着液から画像が少しずつ浮かび上がってきます。

    こんなに苦労してまでなぜ湿板を撮りたいのか、自分でもよくわかりません。。(知り合いからマゾだと言われました。笑)
    でもちゃんと撮れたときの感動はデジタルやフィルムの何十倍。 単にちゃんと写った、というだけでなく、写真そのものが本当に息をのむほど美しいのです。 PC画像で伝わらないのが残念。