Tags

, , , , , , ,

I made my first attempt to make carbon printing from wet plate negative.
今日は湿板ネガからカーボンプリントに初挑戦しました。

The carbon tissue after 3 days flattening..
フラットニング3日後のカーボンティシュ。
carbon-after-flattening

Sensitizing the tissue with ammonium dichromate.
ニクロム酸アンモニウムでティシュを感光させます。
sensitizing

Exposing to sun light.
太陽露光中。
exposing

The wet plate negative peeled off and sticked to the tissue…
湿板ネガがティシュにくっついてはがれてしまいました。
carbon-negative

The result was disaster.. I expected this though.
結果は悲惨なことに。。 ま、想定内ですが。
carbon#1

The 2nd trial is a little bit better.  I can not show on the screen but the actual print has a relief and gives a dimensional quality.
2度目は少しマシ。 画面ではお伝えできませんが、実際のプリントは凹凸があって立体的です。
carbon#2

I will try again.  また挑戦します。
carbon#1-#2

このカーボンプリントを作るに当たって、9月の写真展で知り合ったTさんにメールでたくさんアドバイスいただきました。 このカーボンティシュを乗せる紙もユポ紙というものを使っているのですが、小分けにして送ってくださいました。
本当に素晴らしいカーボンプリントを作られる方なので、いつか修行に行きたいと思ってます。
(Tさんのブログ、Midnight-Blue Pigmentリンクしました。 内容の濃さに驚くばかりです。 久しぶりに更新されてました♪♪)

Advertisements