Tags

,

English follows

ルーペでダゲレオタイプを見てみました。  iPhoneで撮った写真なのでちょっといまいちですが。
じっと見つめ返す瞳はいまにも瞬きしそうです。 少女の瞳の奥には見えないけれど私が写っています。 彼女の細胞が分子となって光に吸い込まれ、そのまま銀板に付着して150年以上もの間そこに静かに呼吸をし続けている。 そう思わずにはいられないほどの強烈なパワーを放っています。 そしてそれを見た瞬間に時間という概念はこの世からなくなるのです。 本当に本当に不思議。 
looking through the magnifier

ずっと私の頭の中でぐるぐると回っている会話。

「ダゲレオタイプへの道を照らしてあげよう。 その代わり悪魔に魂を売りなさい。」 そうしたら私は喜んで「はい」と答えるのです。
数年の命と引き換えでも大丈夫。 私は長生きに興味がないですから。 (実際のところ、水銀とか使ったら命縮まりそう・・。笑)

I looked my favorite daguerreotype thorough the magnifier. Not good shot as it’s by iphone.
The eye looking straight at me is about to blink. And I know I am inside her eye as a reflection although I cannot see it. Her intracellular molecule was swallowed in the sunbeam and transferred to the silver plate, quietly breathing over 150 years. I cannot stop thinking like that as the power it gives is so strong. And the concept of time would disappear once you look at her. It is so mysterious.

I can hear the conversation like this in my head repeatedly.

“I can guide you to the daguerreotype world if you sell your soul to the devil” Then I respond, “my pleasure”. I can even give my life for a couple of years if you wish. I’m not interested in living long. (Well, the mercury method may shorten the life anyway…)