Tags

, ,

English follows

結果から言いますと、先日悲惨な結末を迎えた漂白済シェラックの件は無事解決しました。

リサーチの結果、
“漂白済のシェラックは通常漂白プロセスに塩素が使われていて、それが徐々に画像を損ねる”
という記述がありました。 

えー、そうなの? もしそうだとしたら、木工細工でもしない限りこのシェラックは一生かかっても使い切れない。。。 
毎度のことながら自分の詰めの甘さを腹立たしく思いながら、シェラックの在庫をかかえるのが悔しいので、漂白シェラックの塩素を取り除く方法はないかいろいろ探してみました。  

うーん、見つからない。。

“徐々に画像を損ねる”、という記述に対し、私のプレートはドライヤーで加熱したとたん一気に溶け始めたので、希望をすてず、とりあえず別の犯人探しをしてみることに。  

まず疑ったのがアルコール(ウォッカ)の代わりに使ったエタノール。

臭いもラベンダーの香りをかき消してしまうほど強烈だし、これが犯人じゃないの?と思って、試しに失敗したプレートにエタノールだけかけて熱をあててみました。 ・・・が、残念ながら画像は消えず。
どうせ使わなくなるシェラックだったらちょっとくらい無駄にしてもいいかと思い、ダメ元でまずは前回のレシピ同様で作り直してみました。

shellac varnished

きゃ。 あっさり普通にできました。 しかも輝きがブロンズよりきれい。(トーンダウンしてないからそう感じるのかもしれません。)

ただ、塩素が徐々に画像を損ねる・・・という部分はとても気になります。 徐々に、ってどのくらいのタイムラインのこと言ってるんだろう・・・。 50年くらいのスパンだったらいいけど。

それからコメントくださったuntitledさん(お名前がわからないので、すみません)が教えてくださった文献には、古いコロジオンのプレートにニス掛けすると画像を損ねる、とあるようなので(サンダラックとなっていはいますが)、こちらの線も濃厚です。 私の作ったテストプレートは数枚あったので、そのうちの一枚くらいは古いコロジオンで作ったような気がします。

まだまだ検証が必要ですが、3週間くらい様子を見て、画像が大丈夫そうだったら、漂白シェラック、そしてさらにその上にルネサンスワックスをかけるのを定番にしたいと思います。 ルネサンスワックスのようにディテールが消えないし、輝きがとても美しいです。 

As a result, the problem of bleached shellac varnish was solved.

After some research, I found a description says “the bleached shellac is normally bleached by chlorine and it can ruin your image over time”.

Really..? If so, I have to keep unused shellac flacks on my shelf forever unless I do some woodwork.. As always, I blame myself for not making through investigation and start researching if there is a way to remove the chlorine from the bleached shellac.

However, I couldn’t find any solution to remove the chlorine…

Although it says the chlorine ruin the image over time, my image instantly dissolved when I heated the plate with hair dryer. So there is a hope. I started to find another cause.

I suspected the ethanol first. It smells so strong, overwhelming the lavender aromatic scent. I thought this should be the one causing the problem. As a simple test I poured the ethanol over the plate and heated but unfortunately nothing happened. So I’ve decided to make the bleached shellac varnish again in the same way I made bronze.
It won’t hurt if I waste the bleached shellac as I won’t be using it anyway if not for the wet plate.

Ah! It succeeded. It ended all too soon.  The surface is more beautiful than bronze shellac. (maybe because it’s colored less.)

I still concern about the chlorine’s effect over time. I wonder how soon it will ruin the image. If it’s 50 years span, I’m ok.

Also, the information Mr.(or Ms.) untitled (sorry I don’t know the name) says the old collodion may also ruin the image when varnished (with sandarac in that book) so it could be the reason for the disaster I encountered. Not sure.. I might have used the old collodion for one or two plates for testing purpose.

I still need more testings but I will see how the shellac varnished plate goes and if it’s still clear after 3 weeks I will use the bleached shellac covered with the renaissance wax as my standard finishing process. The shellac varnish never destroys the image details and it shines so beautiful.