Tags

, ,

English follows

今日も雨。 3月に入ってからの週末は雨ばかりで、今週末はもう一度太陽の光でダゲレオタイプを作りたかったのですが、断念しました。

湿板のISO感度はだいたい1くらいといわれているけれど(条件によって変わりますが)、ダゲレオタイプはなんとISO0.005とか0.0002とか、ちょっと聞いただけではピンと来ない小さな数値です。

先日の露光時間を30分くらい、としたのはいろいろな資料を読んで、2度ほど計算した結果です。 自分でものすごく納得した計算だったはずなのに、撮影が終わってから振り返ると、あれ、どうやって計算したんだっけ。。?? メモを取らなかったことを後悔しています。
(結果的に30分だ妥当だったのかどうかもいまいちわかりませんが。)

ピカピカに磨かれたプレート。 この磨きが不十分だとうまく写りません。

polishing

Rainy day today.   All the weekends were not in favor since the beginning of March.   I wanted to try to make another daguerreotype with sun light this weekend but gave it up.

It is said that the ISO of wet plate collodin is about 1 (although it depends on the condition), and for the becquerrel daguerreotype, it’s about ISO0.005 or 0.0002, etc. which I can hardly get sense as it’s too small.

The last time, I browsed several articles about the daguerreotype and calucualted tiwce to set the time as approximately 30min.   I was pretty convinced by my calculation but when I try to do it again after shooting, I could’t rembember how I came out that number.    I should have taken note.
(And I’m not sure if 30min was appropriate after all.)

Mirror finished plate.     If polishing isn’t enough, you cannot get a image.