Tags

, ,

English follows

なぜか日本では1839年の今日、3月19日が写真が発明された日、と間違って公に伝えられているみたいですが、本当は8月19日。   しかもカメラが発明された記念日というのも目にしますが、正確にはカメラそのものというよりダゲレオタイプという写真技術が世界で初めて紹介された日なのです。  下手すると、「ダゲレオタイプというカメラ」という人もいたりして、こうやって誤って歴史が伝えられて行くのかーと、ちょっぴり残念な気持ちにもなります。

私個人的には、今日は自分の誕生日なので、3月19日がダゲレオタイプの紹介された日だったらどんなによかったか。 何か運命的なものすら感じていたに違いないです。 そちらもある意味残念。

今、先日作った2枚目の銀板写真を消したい衝動にかられています。
せっかく撮ったのだから記念に残しておきたい気持ちと、銀板をもう一度磨いて、ダゲレオタイプを新たに撮りたい気持ちの葛藤。  とりあえず土曜日まで待ちます。

前回磨いた銀板に写したダゲレオタイプ。 これが彼の本当の姿。 L1020938

I don’t know why but it is said in Japan that today March 19th is the memorial day of photography or camera in the world, but August 19 is the correct date.   And it is actually the date that the photographic process “dageurreotype” was inroduced in the world rather than the camera itself.    Someone even says “the camera named dageurreotype” was invented.      I feel sad to see the history being told from people to people in the wrong way like this.

I personaly prefer to celebrate March 19 as a daguerreotype memorial day, as today is my birthday.   I would even feel a fateful connection with dageurreotype, but unfortunately today is not.

I have currently have a strong impulse to earse the plate I secondary made.
There is an emotional conflict of keeping the plate which I made with lots of effort, and making a new daguerreotype over it.  I will hold that until Saturday.

The photo was mirror fisnished plate after erasing the previous image.
The boy of daguerreotype in the mirror is his real self.