以前に縮んでゆくコロジオンのことを書きました。 
ひさしぶりにコロジオン標本。 美しいアンバー色です。

shrinking collodion

コロジオンをビーカーに入れて固まった分だけ取り出しては、並べてます。
ぐんぐん縮んでいきます。  縮まる様子も個性があって変貌してゆく姿を見るのが好きです。 乾燥して縮まる、というよりまるで自らの意思で縮んでいるよう。 何日もかけて動画を撮って、早送りしたい気分です。

以前の干上がったコロジオンを書類ケースに入れていたら、コロジオンが乗っていた箇所だけ書類が変色したので捨てました。
最終的にコロジオンは消滅してしまうのでしょうが、だいぶ時間がかかるかもしれません。 

小学校のころ、クラスの男の子がフナか何かの解剖の授業で、心臓がずっと動いているのがとても神秘的に見えたのでしょう、その心臓を大切に自分の筆箱にしまってあとで悲惨なことになってました。  ふとそんなことを思い出し、なんかノリがたいして変わらないな・・・と。。