蝶が二匹夢に出てきました。 それぞれ別々のシーン。一匹はアゲハチョウで、私のところにヒラヒラついてきてとまろうとしました。 そしてもう一匹はカラフルな水玉模様。 少しヨレヨレ飛んでいて、捕まえようと思ったけどかわいそうだから逃がそうかな、と考えている夢。 そんなに好きだったかな、蝶々。

これからダゲレオタイプを思い切り存分実験しようと思いつつ、どうも前回の湿板が不本意なのでもう取り組んでみたいという気持ちもあって、いずれにせよ今は部屋が恐ろしくカオスなので週末まで考えることにしました。

それよりなにより硝酸銀で焼けた足がずーっと痛いのです。気づいたらべろんと皮がめくれてました。たいていは二週間くらい茶色に変色して消えるのに、一部だけ炎症を起こしている様子。 寝起きに硝酸銀を扱って大量に足にこぼしたのがいけなかったみたいです。

ずっとほったらかしていたけれど、そろそろ皮膚科に行こうかな。 「硝酸銀焼けです」、と言って果たしてお医者さんは分かるのだろうか・・・?

傷が生々しいし、見苦しい足なので少しファンシーにしました。せっかく夢に出て来たので蝶も一緒に。
silver nitrate burn