先日、写真表現とは自己の感性を吐露するものではなく人にメッセージを伝えるもの、と明確に言われました。もし本当に写真がそうあるべきなのなら、私は間違った形で写真に接しているということになります。別に人にメッセージを伝えるための写真を撮っているわけではないからです。
もちろん趣味で勝手に撮っている分には全く問題ないのでしょうけれど、正式な場で発表となった場合に認められないということなのだと思います。
有名になりたいとか写真で食べて行きたいという気持ちはないので、そうは言われても好き勝手撮って、もし機会があれば展示はしたいと思いますが、その写真表現というところが私的にはどうしても理解できず、悶々としています。考え方が古いのかもしれません。

そんな中、死ぬ前にやりたい別なことが見つかりました。写真とは遠いように見えて、私にとっては写真にとって変わるくらいの存在だと思います。「自分の奥深いところにあるものを引きずり出して表現するのは恐怖を伴いますが、それをすることは人生において意味のあることです。」というような内容の文章がかかれていました。
私がやりたいことは、写真ではなくこれだったんだと思いました。たまたま手段が写真だっただけで。

ダゲレオタイプは2枚連続失敗。。。

EPSON MFP image