Tags

, ,

最近ダゲレオタイプそのものより、ダゲレオタイプの周りのことを調べています。ケースとかマットとか。
それでわかったことは、ダゲレオタイプの上に乗っている真鍮マットの様式で、ある程度ダゲレオタイプが撮られた年数を絞り込むことができるということ。
そうは言っても、もしコレクターの中でマットを取り替えてしまう人がいたら、それは正しくない情報になってしまいます。普通に考えるとマットを取り替えるというのは危険なので、よほど事情がない限りはやらないような気はしますが・・。(ケースが壊れて別なダゲレオタイプのケースを使う、というのはよくあります。)

新しく得た情報で、自分の持っているダゲレオタイプを改めて見てみたところ、これは古いんじゃないかなというものがありました。

a girl with a book

ライトの関係で絞れなかったためピントが一部にしか合っていません。実際にはテーブルの上の本があって、それを左手で持っている少女の写真です。
マットとハウジングの仕様のから、おそらく1840年代後半のものではないかなと予想しました。

ダゲ友先生のおじいさんに聞いたところ、1848年くらいだとのこと。
私の手持ちの中で一番古いダゲレオタイプということになります。
マットの装飾が華やかで花模様とかあったら、ダゲレオタイプの世代の中で比較的新しいもの。
それはそれで美しいですが、私が最近惹かれるのは古いダゲレオタイプです。

(しかしながらこんな情報はほとんど需要がないだろうから、ほどほどしたいと思います。)
a girl with a book2