Tags

, ,

No.11のダゲレオタイプをハウジングしました。

no.11-housing
今までと違うところは、マットの窓の白い部分をアシッドフリーの黒ペンで塗ったこと。黒ペンの塗料の反射が気に入らないことをのぞけば、こちらの方がおさまりがよく見えます。

そして、作家を気取ってサインをしてみました。もちろん本名ではないので遊び。
このダゲレオタイプ、いじくりまわしていたので指紋までつきました。
autograph
これが例えばダゲールさんだったりしたら、すごいことになるんだろうなと思いつつ、保管ケースへ移動。

残るはあと3枚。
なぜそんなに時間がかかっているかというと、今マットについていろいろ調べ物をしていて、そのテストに使いたいからなのです。

最近買った本。
kwik-guide
ダゲレオタイプ、アンブロタイプ、ティンタイプの年代の見極め方が描かれています。
かなり勉強になりました。コレクター向きです。

Cased Images & Tintypes KwikGuide: A Guide to Identifying and Dating Daguerreotypes, Ambrotypes, and Tintypes