Tags

, ,

ダゲ友のおじいさんから、最近メールがないけどダゲレオタイプ撮っている? とメールが来ました。
撮っていますとも。でも進捗はほとんどゼロ。
これでさくさく撮れたらあまり面白くもないので、そのくらい苦労した方がやっている甲斐があります。

久しぶりにダゲレオタイプを取り出してみました。お気に入りの一つ。1850年代のものと思われます。
2 ladies
(この私の白い手、何かに似ていると思ったら、ミッキーマウスにそっくり。)

お友達かな? 同じ洋服に同じバッグ。 相当な仲良しもしくは姉妹。(あまり似てないけど。)
表情までお揃いで、無表情。 そこに特に惹かれます。
デジタルで撮影するとこんなにのっぺりとしてしまって本当に残念。私の撮影の技術にも問題あります。角度によって色が変わって、もはやモノクロを超えています。
私の好きなディーラーが扱っていたダゲレオタイプで、彼から購入するのは2つめ。
値段が適正(だと思う。 ま、値段はあってないようなものですが。。)。 目利きの方で、ダゲレオタイプの商品写真もかなりうまいので、カメラをやっている人なのかなと思って、ダゲレオタイプを撮るの?と聞いたら、撮りたいと思っているけどまだやった事がない、とのことでした。

アメリカはダゲレオタイプが豊富でうらやましいです。ダゲ友のおじいさんもダゲレオタイプハンティングに行ってくるよ〜と言ってました。ただ、昔より数が減ってしまったそう。(とはいっても、世界にはまだまだたくさんのダゲレオタイプがあります。)