Tags

, ,

6×6の銀板は結構さくさく写るので、どのくらい銀板磨きを手抜きにしても大丈夫なのかというテストをしました。 足し算ならぬ引き算。

鏡のようになったけれど、よーく見ると霞がかかった状態の銀板。
これではさすがに写りづらいので、もう少し磨きます。
polishig

通常念入りに行っている最後の仕上げの部分を省いて撮影した結果。
6x6 bird
いつものモデルさん。ベクレル法では普通に写りました。磨き傷が目立ちます。 

拡大。
6x6 enlarge1

とても細かく写っています。
6x6 enlarge2

余談ですが、ヨウ素の上に落としてしまった銀板。すぐに救出したのにあっという間にこんなことに。
6x6 iodined

そして、さらに小さい6x6のヨウ素箱(上)を用意してみました。小さいものってかわいいな。おままごとみたい。空間が小さい分さらに効率よく感光化できそうです。
6x6 fuming box