Tags

, ,

Workshopを一緒に受けたスイスのフォトグラファーが「これ知ってる?」と、こんな資料を送ってくれました。

日本で一番最初に写真を撮影したと言われる市来四郎。1848年にダゲレオタイプ用のカメラを輸入して島津斉彬のところに持って行っています。
ichiki shiro

9年かけてやっと撮った一枚。島津斉彬のダゲレオタイプです。1857年9月17日。日本初のポートレイトと言われています。
shimazu nariakira

こういうのを見ると感動してしまうのでした。私がダゲレオタイプに苦戦しているのとは訳が違うのです。ITのなかった時代に一つの問題を解決するだけでどれだけの時間を費やしたのか想像するだけで気が遠くなりそうです。

今日は新しい本が届きました。
package

500ページ以上もある分厚いダゲレオタイプの本。
young america
何千と存在したアメリカのダゲレオタイプ・スタジオの中で、そのクオリティーの高さで一番有名なSouthworth & Hawesで撮影されたダゲレオタイプのコレクションがおさめられた一冊。単なるコレクション写真ではなく、Southworth & Hawesについて知るための重要な資料です。・・・と言っても、500ページもあると読む気も失せてしまって、当面は眺めているだけになりそうです。ただでさえ集中力がないのに、英語となるとなおさら。young america2

そして、出来損ないのダゲレオタイプがなぜこんなに気に入ったのか自分でもわからないのですが、昨日のダゲレオタイプをテーピングしてあげました。
sealed

ダゲレオタイプのことだけで、どんどん時間が過ぎていってしまう。