Tags

, ,

今だかつて外でダゲレオタイプを撮影したことがないのですが、週末に初めて外(と言ってもベランダ)で撮影してみました。

花開く前の桜。

F4で脅威の1分半!! こんなに短い露光時間はダゲレオタイプを撮影して以来初めてです。
本当かなと思いましたが、写りました。 

結果は失敗。(調色なしです。)

原因は直射日光がまぶしすぎることと、被写体の色。(あと使用済み銀板の研磨不足。。)コントラストの差が激しいと撮影は難しいのでむしろ薄曇りで時間をかけた方がもっとマシな写真がとれたかもしれません。
一応日付のカレンダーを置いてみました。3月12日。反転している上によく見えませんが・・・。

ただダゲレオタイプのすごいところは、黒がつぶれているなーと思っても、実はつぶれていないことが多いのです。

このダゲレオタイプ、真っ黒に上がってきましたが、調色してスキャンしたらシャドーの中にもきちんと階調がありました。


こういうのは毎回感動します。
なぜこんな暗くなってしまったかというと、蛇腹指数の計算を間違えたから。これはこれで結構好きです。

Advertisements