Tags

, ,

写真のワークショップに参加する夢を見ました。
コの時になっていて、参加者は20名くらい。ひとりずつ何かを発表しなくてはならなくて、準備の出来た人から挙手。
誰も手を挙げず、はて私は何を発表しようと思ったときに、やっとひとり手があがりました。
内容は圧力鍋による現像について。何のことやらですが、そのとき私が発表しようと思った内容は、「夢と思想と心理について」。
でも時間切れになってワークショップは終了。

そのワークショップで何か学びがあったかというと、夢なのですがしっかりありました。

週末はずっと天気が悪く、おかげげさまでダゲレオタイプの露光時間は2時間15分。

フォーカスがずれた上にBuffing markが残っています。

Buffing markは何かというと、その名の通り磨き跡。ちょうど真ん中の左端から横に線が入っています。
銀板磨きをどんなに丁寧にしたつもりでも、たまにこういうものが残ってしまう。 まだまだ技術不足。

(この写真、きっと写真に深く携わっている人なら何かちょっとおかしいと感じると思います。)