Tags

, ,

ダゲレオタイプが男性名詞だということを今日知りました。 なんとなく女性っぽいけれど、最初に紹介した人が男性だったからなのだろうか。

フランスから届いたダゲレオタイプ。

このパッケージを開けるまで3日間我慢しました。 別に我慢する意味はないけれど、部屋を片付けたらそのご褒美に開けていいことにしました。なんども途中で開けそうになりその都度思いとどまって、やっと片付けが終わったので、遊びに来た友人と一緒に開けました。


フランス特有のハウジング。 

でも、あれ? 確かにハウジングはフランスのものだけど、ひょっとしたらダゲレオタイプそのものはアメリカのもので、フランスに渡ってからハウジングし直されたような気もします。

裏はこんな感じ。

私はこのフランスのハウジングの裏に妙に惹かれます。。。

サイズ比べ。 

左が6th plateのダゲレオタイプで, 右が9th plateのアンブロタイプ。 今回のは9th plateです。

フランスのダゲレオタイプはアメリカの物に比べると市場に出てくる数が少なく(現存数も少ない)、気に入ったものを見つけるのはなかなか難しいです。

***
今日は久しぶりにガラスを磨きました。
湿板で失敗したもの。まだまだたくさん。
ダゲレオタイプのハウジングに使用します。