先日同僚の奥さんが乳がんになって、手術が決まったので、荒木さんの写真集を差し上げたらお礼にお菓子とお手紙をいただきました。
正直なところ、現実を突きつけられて逆に落ち込んでしまうんじゃないかとか悩んで、見せる見せないはお任せします、と言って渡しました。そうしたら奥様はじっと写真集に見入っていたとのこと。

7年前に買った「いのちの乳房」。

私自身、乳がんになったわけではないけれど、この写真集がとても美しいと思って買いました。
手術後の体をそれもヌードで写されるというのは恐ろしく勇気がいることだと思います。
なのに荒木さんの写真はものすごく自然で、愛があって、ここまで撮れるんだ、と改めてすごい写真家だなーと思った一冊。
また買おうかな。

Advertisements