Tags

, ,

左上の水たまりのような模様は、ギルディングの際にできたもの。
正確に言うとプレートを定着して洗浄する際、空気に触れてしまうと、短い間でも反応してこんな模様できてしまうのです。

なので調色のプロセスでモタつくことはNG。 (はて、Workshopのときこんなに慌ててやったかな・・・と思ったりもしますが。)
このプレートは、裏側に留めたテープを取るのを忘れてしまって、それを取っている間に空気に触れてこんなことになってしまいました。

とにかく定着後は水洗もギルディングも、できるだけ液体がプレートの上に乗っていることが大事。

Advertisements