Tags

, ,

先日、夜自転車に乗っていたら目の前を何かが横切り、あ、と思ってスピードを落としたら次から次へと3匹、同じくらいのサイズの毛玉の固まりがものすごい勢いで駈けていきました。

一瞬猫だと思いましたが、あれはどうみても狸。

以前に住んでいた場所でも2匹見かけたことがあって、それを周りに言っても「疲れてたんだよ。」と取り合ってもらえませんでしたが、今度は3匹にグレードアップ。 前回遭遇したときは目が合って、カメラをとりに戻ったらもういなくなっていました。
あのときiPhoneを持っていればなー。

Best Camera Is The One That’s With You

Chase Jarvisの言葉ですが、一番優れているカメラはそのとき手元にあるカメラ、ということでiPhoneで撮った写真集を出しています。

確かにね。狸もiPhoneがあれば撮れました。ほら、証拠だよ、ということで。その瞬間を逃さないという意味ではスマホカメラは素晴らしいです。しかもかなり画質も良くなっていて、以前からコンデジ買うならiPhoneで十分かも、と人にアドバイスしているくらいで、とうとう先日の旅行はカメラなしで行きました。iPhoneで全部撮る。

でも私の場合はスマホでの作品作りは今のところ興味がないので、結局撮った写真は手軽に人に見せくらいにしか使わないし、お手軽になった分、写真の扱いもかなりお手軽になりました。そのときのネタとしてはたまに面白いけど、ほとんどどうでもいい写真。別に投稿もしないし。
・・という訳でiPhoneですらほとんど写真を撮らなくなり、スマホの写真データが大量に世の中にあふれればあふれるほど、ダゲレオタイプという物質的かつ神秘的な存在に傾倒していくのでした。(でもiPhoneは大好き。)

今日はとても久しぶりにベクレル法で現像しました。何を今更ベクレルかというと、ちょっとホルダーのセッティングをしくじりまして、あとは露光時間が適切だったかも怪しかったので、とりあえずベクレルで現像してみることに。


ダゲレオタイプのコピー。
露光時間に問題はなさそうですが、現像不足だったのかコントラストが甘いです。

お気に入りのダゲレオタイプなので少し補正をかけました。ベクレルの原版はイケてないですが、こちらはポストカードにしようかなと思います。