Tags

, ,

昔、小学校だか中学校だかの美術の授業でデッサンを行ったときに、先生から“モノの輪郭をイラストのように描いてはいけない”、と教わった記憶があります。実際にリンゴをデッサンするときは、くっきり線でリンゴの形を描くのではなく、稜線を意識して明暗でそのラインを表現してゆくのだということなのですが、過日ダゲレオタイプが現像オーバーになり、そのプレートを再利用しようとして手の平で表面をきゅっきゅっとこすったら、そのデッサンの常識を覆す現象が起きました。

ほおずきの周りに、線が見えます。。。

もっと明るくすると・・・

まるで周りを白い鉛筆でなぞったかのようにくっきり。

デッサンは別に線で表現してもいいんじゃないかな、と思った瞬間。