Tags

, ,

ここ数日頭を悩ませていたことが解決できた気がします。

クラッド材で出た締まった黒が銀メッキでもほしいと思い、いろいろやっていたら黒は出たものの、感度が急に落ち、今までと同じ露光時間では露光不足になっていました。

まず最初に頭に思い浮かんだのは、クラッド材と銀メッキでは磨き方は同じではいけないかもしれないということ。感覚的には銀メッキの方が柔らかく、機械で力任せに磨くともしかしたら研磨剤がその振動などで入り込んでいるんじゃないかな、とう印象を受けました。何せ感覚の問題なのでこれが本当かどうかはわかりませんが、とにかくクラッド材の倍の時間をかけてどんなにがんばって機械で磨いても暗い。では、露光時間を長くすれば良い、という話になりますが、そうすると今までやってきた私の中でのダゲレオタイプの常識が覆されてしまうのです。 ヨウ素だけで得られる感度はこの明るさではこのくらい、という自分の指標があり、今までずっとそれを信じてやってきてそれなりに画像を形成して来たので、今になって、はい感度が半分になりました、と言われると、それは結構なダメージです。

そういうわけでまた実験の日々なのですが、私はせっかちなので、いろんな考えうる要因を思いつくと一気にそれを変えて試してみたい。
たとえば今回の場合だと、バッフィング用の布がもう汚くなってきているのでもしかしたら変えた方がいいかもしれない、あるいは生地の種類を変えた方がいいかもしれない、研磨にもう1ステップ加えたら良いかもしれない、研磨剤を別なもので試した方がいいかもしれない、等々がぐるぐる日中頭の中をめぐり、いてもたってもいられなります。 

基本的に一般に公開されている手法通りにやったらきちんと画像は出るはずです。でも結局のところ自分の好みの画像に仕上げるためにはオリジナルのやり方にならざるを得えない気がします。 (・・・ということが3年かけてわかりました。)

昨夜は思いつく事すべてを変える準備を万端にし、どれもこれも一気に試したい衝動を抑えて一つだけ変更しました。

“ひとつだけ”、これが本当に重要。実験の基本。 いままでは2つも3つも同時に試していたことが多かったのです。

何を変えたかというと、機械研磨の際のステップを一つ増やしました。 汚らしいバッフィングの布を変えたい衝動をこらえるのはかなり戦いでしたが、結局その2つのvariableを変更してしまうとどちらによって効果がもたらされたのかわからなくなってしまいます。

さて、結果です。

この左のクラッド材のような黒の締まりと、2つの中間のコントラストが欲しいと思っていました。

すると黒は出たものの感度がぐっと下がりました。これでも露光時間を延長しています。

研磨のステップをひとつ追加したことで、かなり希望に近いものが出来ました。

クラッド材で白飛びしていた蝶の模様もきちんと出ています。
もう少しライティングの工夫が必要ですが、まぁ今回のモチーフでは85点。 ライティング以外の何がマイナスかというと、この画像ではあまり見えませんが若干磨き残しのような跡があること。そして極めつけは鍵と瓶の間についている「ひっつき虫」。。。(黒いひっつき虫がないので、次回は手垢で真っ黒にしたいと思います。)