Tags

, ,

昨夜はヨウ素の結晶を小瓶に入れて、ネックレスのように首からチェーンで下げて出かけるという夢を見ました。 拡大した写真を見ると意外と奇麗なのです。心の奥底では、もしかしたら宝石、くらいに思っているかもしれません。(これで写真の宝石が撮れるのだから、やっぱり宝石。)

夢ではヨウ素でしたが、現実の世界では最近臭素のことを考えています。
臭素水を買うか、ピュアな臭素を買うかとても迷っています。

ピュアな臭素は大量にはいらないので、最小単位でと思ったらアンプルに入っていて保存がききません。
キャップのついたボトルだと最小で90g。  

90gって何mlくらいですか? と問屋さんに聞いたら、販売はmlではなくグラム単位です、と返事が返ってきました。

えーと、そうではなくて、液量にしたらどのくらいですか? と再度聞くと、ですから90グラムという単位です、と言われ、らちがあかないのでとりあえず電話を切りグーグル先生に聞いたらどうやら1ml 約3.1gらしいとわかりました。 とても重い感じです。 だいたい30mlで90グラム。

化学の知識のない私が勝手に計算してそうだと思い込むのも怖いので、念のため試薬メーカーに電話をして聞いたところ、ちょっと待ってくださいねー、と言われ、何やら調べている様子。 そして返ってきた答えが、

「約300mlですね。」

「!!!」

無理。 絶対に無理。 そんな量は恐ろしくて買えない。

「結構な量ですね・・・。」 と言うと、「そうですね、結構多いですね。」

でもどう考えても計算が不思議なので、「えーと、1ml 約3.1gですよね。。?」  と聞くと、「あっ」 となって結局90グラムは30mlくらいというところに落ち着きました。 

でも30mlでも多いのです。

アンプルで買って移し替えようかな? それはそれで怖いですけれど。
おまけにアンプルカッターというハート形のカッターは、販売単位が100個とかで、私は恐らく一生で一度しか使わないので残りの99個をどうしたものかと思うし、いろいろ悩ましいです。

ちなみに30mlはこんな小瓶です。 左側。(臭素は入っていません)。

右の小ボトルが水銀のものでこの量で100g。 水銀重いです。 でも臭素も負けていません。

最近みたYouTubeで一番怖かった動画。