ドラフトチャンバーを設置したお祝いに、とダゲレオタイプ倶楽部会員2号のミズキさんが写真関連の用品をたくさん送ってくださいました。

大きな箱にぎっしり詰まっていて、まるで少し早いクリスマスプレゼントのようです。
直接お会いしたことはないのですが、こちらのブログにコメントくださったり、珍しい文献をメールで送ってくださったり、写真に関する知識量は只者ではありません。  

そして送ってくださった品々も、かなりマニアックといいますか、やはり只者ではない感が漂っています。

たくさんの実験用ボトル。(私が古い瓶が好きだと言ったら、たくさん送ってくださいました♪)

中でも珍しいのが昔のコロジオン用のボトルです。

昔はこんな愛らしいコロジオン専用の瓶があったのですね。コロンとした蓋が愛嬌があって気泡がところどころ入っているのが昭和レトロな感じで、とても気に入りました。もったいなくてコロジオンには使えません。。。


ギルディング用の塩化金です!! これにはびっくりです。


銀板を磨くルージュ。とても丁寧に説明を書いてくださっています。これもダゲレオタイプにはかかせません。


そして非常にレアな一品も。。。戦前(?)の硝酸銀。 ちっちゃくて可愛いのです。きちんと中身も入っています。


こちらはガラスのシリンジですが、臭素水の計量に、というメモが入っていて、私がこれから臭素と格闘するであろうことを予想して送ってくださったのだなーとジーンとしてしまいました。


ハイポも入っていました!これも嬉しい。。

これ以外に純銀の板(!)、や木製のフィルムホルダー、4x5にカットされたガラス、4x5のガラスや銀板を入れておけるシャーレや保護シート、アンブロタイプを額装する際に裏に置く黒い背景紙、写真展のチケットや写真集のCD-ROM等々、もう書ききれないほど私のツボにはまるものがたくさん入っていて、すべてを写真つきでご紹介できないのが残念です。(夜が空けてしまいます。。)

その中で特に嬉しかったのがミズキさんの湿板作品。ずっと拝見したかったので、思わず「あっ!!」と声が出てしまいました。 
ご本人の許可が降りたらご紹介したいと思います。 とても奇麗に撮られていて、裏側には詳細の撮影記録が書かれています。
(こんな大切なものを頂いてしまってよかったのでしょうか。。)

ミズキさん、お心遣い感謝いたします。送っていただいた品々、大切に使います。
そしていつかダゲレオタイプの作品を拝見するのを楽しみにしています♪