臭素が届きました。 結局悩んだ末、臭素水と臭素そのものを注文しました。被写界深度が浅くてよくみえませんが小さい方がアンプルに入った臭素です。

想像していたより大きかったのですが、このまま標本として眺めている分には問題ありません。
そしてもっとずっしり重いかと思いましたが、そうでもなく。

最近、元素に好奇心が芽生え、少しずつ集めてコレクションにしてみたいと思いはじめました。
ま、往々にして私の好奇心は元素そのものよりも蒐集することだったりしますけれど。(恐らくアンプルという小瓶が妙に魅力的に見えたのだと思います。)

とりあえず身の回りにあるものから・・

酸素・鉄・銅・銀・ヨウ素・水銀
  
これに臭素が加わってもたったの7つ。

元素は100個以上あるので、とても遠い道のりになりそうです。(最後の方になってくると初めて聞く名前のものばかりで、113番目の「ニホニウム」というのは発見地が日本なんだそうです。名前がゆるキャラのようでかわいい。。。)