Tags

, ,

銀板磨きや、写る・写らないというステージはもうクリアしたので、次はいかに美しく自分の好みの画質に仕上げていくかというところで日々奮闘しているのですが、今一番頭を悩ませているのがトーンです。

私の撮るダゲレオタイプはどうしてもやや黄色よりに写ってしまう。
これは先日、当時のクラッド材を使って思いましたが、銀板によるところがとても大きい気がします。

そして臭素。 
ヨウ素だけを使っていたときより、さらに顕著にその傾向が見られ、かつ完全にコントロール出来るレベルにまで達していないので、日々撮影&実験しているものの、未だ若干出たとこ勝負な部分もあります。

同じ薬品を使っても、条件が違うとトーンがこれだけ違う。。 ちょっと脳みそみたいに気持ち悪い写真ですけど、画像ではなくてトーンを見せたくてこのような加工をしています。

右の方が好みです。それでもまだ若干黄色っぽい・・・。

銀板の比較検証もしたいので、とうとうMikeさんの銀板も注文しました。
2枚撮影済のものを持ってはいますが、消す訳にもいかず新品を調達。届くのがとても楽しみです。(でももったいなくて使えないかも。。。)