Tags

, ,

現在新たな実験の準備中につき、気晴らしにまた小さいダゲレオタイプを撮りました。
今度は6x6よりもっとチビチビ。

意外にもさくっと1度で写りました。

定着後手の平に乗せたところ。

磨きというより銀板そのものの状態がよろしくないですが、一応きちんと写っています。

豆柴ならぬ豆Dag。

昔は恐らくは普通に撮影したダゲレオタイプをカットして、このようにジュエリーに加工したものも数多く存在していました。

SOURCE: Antique & Vintage Jewelry History

当時のダゲレオタイプと比べてしまうと自分の豆Dagはどうしようもない出来映えですが、遊びとしてはなかなか面白いです。

また撮ってみようかな。。。