Tags

, ,

私がダゲレオタイプを始める際に、参考にした資料のひとつに小泉定弘氏のダゲレオタイプの写真集があります。それ以外にインターネットで海外の資料をかき集めましたが、生まれて初めてのダゲレオタイプを撮影する際の露光時間は、この写真集の巻末に書かれている撮影の際の苦労話から自分なりに計算をしたのを覚えています。そういう意味ではこの写真集は私にとってバイブル的な存在でした。

この頃、この小泉さんという方に話を聞いてみたいなーと思い、どこかに連絡がとれそうな情報がないかと探したのですが残念ながら見つからず。

それが何年か越しに、つい先日この撮影に携わったという方にお会いすることができました。
巻末にもしっかりお名前が刻まれている横江氏です。最初はそのような関係があるとは知らずにお話をしていましたが、小泉さんのお名前が出たので、彼の写真集を持っています、と言ったところ、ご自身もその撮影に携わっていたことをお話下さいました。

小泉氏は今でもたまに教壇に立たれているとのことで、機会があればお会いして当時のお話を伺いたいなーとも思うのですが、そこまではお願いできず。お元気でいらっしゃるとのこと、直接の知り合いではないですが、嬉しく思いました。