Tags

, ,

先日複写したポートレイトが結構気に入ったので、もう少しコントラストをあげられないかと、今度は夜に人工光で撮影してみました。


さらに薄い・・・。
直接ライトが当たるので、反射率が高いかもしれません。 
自然光の方がだいぶきれいに撮れます。

このうっすいダゲレオタイプはかえって塗り絵にちょうどいいんじゃないかと、このあとペタペタ色をつけたら結構悲惨なことになりました。。。
(後日気が向いたらアップします。)

もともとダゲレオタイプに着色しはじめたのは画家ですので、いくら塗り絵とはいえ着色技術のない私が色付けするというのはかなり無謀なのでした。
わかってはいますが、もう少しやってみたい。 
自分のダゲレオタイプを着色したいという欲望はないのですが、好奇心がどうしても止められません。

こちらはマスターピースです。*クリックするとオリジナルの文献に飛びます。

技術もすばらしいしとても美しいとは思いますが、ここまでくるともはや絵画。
勝手な想像ですが、ダゲレオタイプをつかさどる分子たちがピグメントに覆われてダゲレオタイプならではの立体感が損なわれてしまっているような気がします。(実物を見ていないので、なんとも言えません。)