Tags

, ,

お盆休みはサティアンにこもっています。

ダゲレオタイプの作業をしているとあっという間に時間が経ちます。 
作業中は料理などする余裕もスペースもなく、たいていコーヒーとポテトチップスが主食。
パンとかチーズとかあればいいのですが、買い置きをすると夜中でも食べてしまうので、すぐ食べられるものは極力置かないようにしています。
(いっそのことダゲレオタイプの作業中はサティアンだけに断食しとけ、という感じです。)

***
昨年11月に戸倉さんより試作のクラッド板を送っていただきヨウ素のみでテストをしました。

その後プレートに改良が加えられたようで、今回は臭素でテストを・・と、先日改良版クラッド材が送られてきました。
前回の板は臭素では使えない板だったそうで(技術的なことはちんぷんかんぷんですが、なましだかなめしだかという行程を加えていただいたというお話だったように記憶しています)、当時は私も臭素デビューをしていなかったこともあり、改良版をこのタイミングで送っていただいたのはちょうど良かったと思います。

前回は磨きに苦労しましが、今回はきれいに磨かれていて作業がかなり軽減されました。

初撮りはこちら。

トーンは美しく出ているにもかかわらず、何やらスーラの点描画のようになりました。 

8月4日にテスト撮影したもので、いろいろトラブル真っ最中につき、薬品のせいかもしれぬと思いその後クラッド板テストはしばしお休み。

そしてこちらが昨日の撮影。

少し点描画が減りましたが、今度はクレーターのような小さな気泡(画像中の白い星のような点)が出てきました。

そして今日の分。

点描画、さらに減りました。クレーターも小さくなったような。。。

・・・ということは、もっと磨いたらきれいな銀面が出てくるのでは・・・?

トーンやコントラストが違うのは、諸条件が異なるためです。
この点描画の下に見えるトーンは、この画像ではいまいちわかりませんがなかなか美しいものです。いずれもギルディングはしていません。

銀層が厚いので、あと10回くらいは磨けるでしょうか。

引き続きテストを続けたいと思います。