バイオリンはフレットというものがなくて、耳だけで正しい音を判断しないといけません。
体育館を小さくしたような部屋の床に赤い丸が描いてあって、それはG時点といいますが、そこにぴょんと飛ぶときちんとその音が出るのですけれど、その赤丸を頼りにしていたらいつまでたっても赤い印がないと正しい音が出せなくなってしまうから、赤丸はあるべきではない、と外国人の教師に苦言を呈している夢を見ました。特別講師のような感じで、確か眼鏡をかけていました。どんな返答だったか続きを覚えていませんが(あるいは夢はそこで終わってしまいましたが)、なんとなくスルーだったような気がします。

今日はまとまった時間がとれなかったので、ダゲレオタイプはお休みして出かける前と帰宅後にコラージュを作って遊びました。未完成。