Tags

, ,

以前にも書きましたが、どうしても不思議なことがあって、その謎がまだ解明されていません。。。

虫眼鏡が好きでダゲレオタイプを見るときはよく虫眼鏡で覗いています。
裸眼で見るとちゃんと拡大されるのに、それをカメラで撮ると等倍になってしまう謎。

もしかしてiPhoneのレンズがいけないのかと他のカメラで試してみても結果は同じでした。

ところがこの2種類の拡大鏡に大きな違いがありました。

言って見れば左はアンティークで右はブロカントもしくはビンテージ。要は左の方が古いです。

私が持っている複数の虫眼鏡の中で、唯一この左のものだけがきちんと拡大して写真に写ります。おそらくレンズの構造の違いなのだと思いますが、見ただけでは違いはまったくわかりません。

どちらも普通に拡大できるけれども、何かが違うらしい。

今度、会社にいる理科の先生(・・と勝手に呼んでる。物理かな?)に聞いてみようと思います。

これは左の拡大鏡で拡大した最近撮ったダゲレオタイプ(の一部)です。

過去最短の露光時間は衝撃の13秒。
未だかつてそんな短い時間で撮影したことがないので、本当にこんな短い時間でいいのかしばらく疑いましたが、計算した通りにきちんと映りました。

よく晴れた日に直射日光の当たる窓辺で撮影したためですが、私はやはり快晴の撮影は好きになれません。13秒とか、短すぎて怖い。13分でいいですよ。強いコントラストも嫌いです。