Tags

, ,

一時は大好きでよく使っていたGoerz。
何種類かありますが、今日はこれを使ってみました。

いつどこで買ったのか覚えてないのですけれど、確か中古カメラ屋さんで安く入手したものです。
長さもよくわかっていませんでしたが、それが判明しました。

Lerebours et Secretanと同じ220mm。
ちょうどレンズを入れ替えてピントグラスをのぞいたらちょうどピントが来ていました。

露出の関係もあってか、ちょっとのっぺりとした写りです。ただ、細部はシャープに細かく写っています。この緻密な感じが好きでGoerzを好んでいました。

できるだけ同じ条件で撮影したくて、再度Lerebours et Secretanを使って撮影したもの。

この比較だと断然にLerebours et Secretanに軍配があがります。
別にレンズに優劣をつけるわけではないけれど、自分が撮影する被写体によってうまく使い分けたいと思います。

偶然かわかりませんが、Goerzで撮影したダゲレオタイプは2回とも黄色っぽくなりました。そういえばダゲレオタイプの仕上がりの色とレンズの関係は、検証したことがなく、もしかしたらまったく無関係ではないかもしれません。

もう少しレンズの撮り比べを続けます。