Tags

, ,

スペインから購入した写真が届きました。

たいていの場合、購入する古写真はダゲレオタイプかアンブロタイプですが、めずらしく紙の写真です。
どっちが人形なんだというくらい無表情に写っている様子が不気味で、ある意味とても写真ぽい。
間違いなく写真なのですけれど、今のようにスマホでバシバシ撮れないので、写す方も写される方も、覚悟や写真への向き合い方が今とは全然違います。(この子供達がその覚悟を持って挑んだかどうかはわかりませんが。)

古写真の中にはこんな撮影者不明の面白くてかつ素晴らしい写真がゴロゴロしていて、紙の写真も楽しいなぁーと思う今日この頃。

***
今日はお昼頃から臭素と格闘して、頭が大変混乱しています。

混乱する要素はいくつかあって、今まだ咀嚼しきれていません。

カナダで学び直した式では像は出るものの、私の望むようなコントラストやトーンが出ず、結局私はもとの自分独自の配合に戻ってしまうのではないかと危惧しています。

それでは意味がないのです。 なぜならそれをやり続けてほしいトーンが出せていないから。

ま、時間をかけて取り組んでゆきます。