Tags

, ,

一難去ってまた一難。

やっと臭素の調子がよくなってきたと思ったら、昨日の懸念がまぁまぁいい感じの問題になってます。

このペタっと貼り付いた水銀。 実は簡単にとれません。 化学反応を起こして本当にペタっと密着してます。

たまたま現像箱の水銀がくっついただけなのかと思っていたら、今日撮影をしようとしたらこんなことになりました。
種痘のようなぶつぶつ、明らかに水銀です。

2回目のヨウ化をして、カメラにセットしようと思ったらこんなことになっていました。
これはどう考えてもなんらかの拍子に水銀の粒子が飛び出して、おそらくは臭素箱入り込んでしまったように思います。

それにしてもなぜくっつくのかな? ちょっと生き物みたいで可愛いなぁーと思いつつも結構頭が痛いです。

箱を開けて水銀を必死で探しても、とても小さな粒なのか姿は見当たらず、何度やってもこんな風にひっついてくるのでせっかく調子がよくなってきた臭素をまた取り出して箱の清掃をしなければならないかもしれません。

あるいは一粒残らずいなくなるまで、何度もハエ取り紙のように引っ付かせようか。

この現象は今までになかったので、ちょっと対処に困りますがとりあえず綺麗にクリーニングをしてまた一度リセットした方がよさそうです。

***

余談ですが、スマホの写真にもしかしてこの人じゃない?という人形の候補が出てきました。

似てるけれど、別人なんですよー。 なんだかツボにハマりました。 ちゃんと人形を選んでくるのですね。(目と鼻と口があるから当たり前か。。)