Tags

, ,

大判カメラの蛇腹がぐーんと伸びて、どんどん伸びて、ぐるっと回ってピントグラスにくっついてドーナツのように輪っかになりました。(・・・という夢を見ました。)

週末はたくさんダゲレオタイプのテストをしつつ、普段電車で行くところを自転車で行ったり、3時間かけてミネストローネを作ったりして、あっという間に終わりに近づいています。

先日のトイレットペーパーのテストが消化不足だったので続きです。

トイレットペーパーが足りない分はワニを載せました。

臭素の効力が弱まってきたので、30秒でもわさわさとしています。

臭素を延長。 それに合わせて露光時間も調整しています。

露光時間が自分の露光表よりも2ストップくらい短くなりました。
このテストがものすごく楽しくて、このあとも被写体を変えてひたすらテストをし続けました。

2年前は事前のテストをほとんど行なっておらず、出たとこ勝負でそこから調整という手法を用いていましたが、このようにテストをするとだいたいの目安がわかるので自分の好みの描写に近づけることができます。
いや、できるはず。。まだ近づいていませんが・・・。 科学的にはそういうセオリーですが、ダゲレオタイプはたまに予期できないなんらの要因でギョッとするようなことが起こります。(水銀が飛び出してきたり・・・。)

まだ行いたいテストはたくさんあるので、もうしばらく続けたいと思います。

***

アンティークショップでこんなに可愛らしい現像皿を見つけました。

35mm判に使いたいと思います。

ところで、そももそもこれは現像皿なのだろうか。 裏に5×11とありますがこんな細長いサイズのフィルムがあるのかな。