Tags

, ,

最近アメリカにいるダゲレオタイピストの方と、薬品テストネタで少し盛り上がっています。
きっかけは彼が送ってくれた薬品テストのプレート写真ですが、それから私がすっかりテストにハマり、もうこの先もずっとテストだけでも良いかもしれないと言うと、彼もまたテストを再開しようかなという感じで(過去にやりかけて途中でやめてしまったそう)、まさにこういう話がしたかったので嬉しい限りです。

毎日8時間テストできるなら話は別ですが、おそらくとことんテストをするとなると数ヶ月では終わらないのではと思います。テストのたびに銀板を磨き、記録をつけて、というのは、まぁまぁ大変な作業。

難しい面もありますが、とりあえずテストのことを考えるだけでとてもテンションがあがります。

テストをしつつ、たまに遊びで撮影していますが、そのうちのひとつ。
Adam FussさんのGhostという写真シリーズが大好きで、実は真似をしてみたくて白いアンティークのワンピースを随分前に購入していました。

こんな写真だったよなー、と思って撮ったダゲレオタイプ。

コントラストが甘いけれどだいぶ似た感じじゃないかな〜と、嬉々として彼の写真集を見たら、全然違いました。。。 本当に似ても似つかない。 実際にはこんなつまらない写真ではありませんでした。悲しくなってこのあとすぐ消してしまいました。

Ghostは本当に素晴らしい写真なのです。 こちらにリンクを貼っておきます。 なぜこの美しい写真の記憶がこんなチープなダゲレオタイプと重なってしまったのでしょう。。。。。それはさておき、どうやって撮ったのか知りたいのですけれど、以前にどこかの動画でご本人がどうやって撮ったか聞くなんて野暮だ、的なことをおっしゃっていたので(私の記憶が正しければ)、仮に本人と話す機会があったとしても聞くことはできません。

ちなみに模倣そのものはそれを発表したり販売したりしなければ決して悪いことではないと個人的に思います。すべては模倣から始まりまり、そこから学べることはたくさんあります。 (ごく稀にアーティストであるにもかかわらず堂々とパクって発表される方がいらっしゃるようですがそれは言わずもがな論外です。)