Tags

, ,

今日私が所有しているダゲレオタイプを眺めていて、その黒の黒さに改めて感動しました。

黒がとにかく黒い。 そして同じ黒で素材の違いまでもがきちんと表現されています。

なんの変哲もない普通のダゲレオタイプですが、とにかく細部にわたって美しいのです。

この黒を私はまだ出せていないと思います。
私のダゲレオタイプは、黒っぽくなったなと思ってもまだセピア色。

もしかしたら過去に間違って(?)黒が出たことがあったかもしれませんが、そのときは記録をとっていないので、どういう配合でその色が出たのか、今となってはわかりません。

テストをしつつ、この黒を求めてまた長い旅が始まりそうな気がします。
うーん、この段階で昔のダゲレオタイプを見なければよかったな。。。

果たしてこの黒を出すことは可能なのだろうか。
”ぞっとする感じ” は、昔のダゲレオタイプでしか味わったことがありません。

そして私が求めているのは、このなんとも言えない不思議な感覚です。
私は写真を見ているのだけど、写真を見ているのではない
ダゲレオタイプは写真だけど写真ではない、そんな感覚。

初日にわざわざ新幹線に乗って展示を見にきてくれた知人(写真は詳しくない)が、

「普通の写真との違いが全然わからない。」

とショックなコメントをくださいました。

そうか。。。!! そうなのか。 遠いなぁ。。。