宝箱のような大きな箱の蓋の裏側に、秘密の暗号をしたためる夢を見ました。ひとつだけではなく、暗号の暗号を書いて、パッと見ただけでは暗号とはわからないようにしました。我ながらなかなかうまいこと考えたんじゃないかと思います。いつものごとく、目覚めてすぐに記録をしていないので、どんな暗号だったか忘れてしまいました。

そしてその後、白い鳩が駅の高い天井から私の上に降ってきて、洋服が鳩のフンだらけになりました。私はその鳩を受け止めて、そっと地面に置くのですが、その鳩は私の後をついてきて、上着をクチバシで後ろからひっぱってきたところで目が覚めました。 相変わらずなんの脈絡もない夢のオンパレードです。

なんとなく見る夢が多すぎてあまりきちんと眠れていない気がします。

***

今日は楽しみにしていたダゲレオタイプが届きました。私の初めての動物のダゲレオタイプです。

動物のダゲレオタイプは珍しいので人気があって、ブレた写真でさえ結構な高値がついていることも多いです。 ビシッとピントが来ているものだと30万円超えていることもあります。
動物は動いてしまうので撮影が難しく、その分価値も高いのです。
そういう意味では、比較的言うことを聞く犬よりも猫のダゲレオタイプの方がめずらしいかもしれません。

以前に鶏を抱っこしている男の子のダゲレオタイプを見かけましたが、100万円を超えていたように記憶しています。

さて、今回私が購入したのはこのダゲレオタイプです。値段はお話ししたような高値ではありません。

犬がちょこっとぶれていますが、それはそれほど問題ではなく、 何よりも犬の肩に手をかけているこの女の子の表情に惹かれました。 一瞬クリーニングしようかな、と思いましたが、美しい経年劣化までなくなってしまうのでこのままにしておくことにしました。 実物はこの写真よりずっと美しいです。

こちらを譲ってくださったディーラーさんはご自身がフォトグラファーで、写真の極意みたいなものを教えてくれました。(聞いたところで、私の写真がうまくなるわけではないですが。。)

そしてこのダゲレオタイプと一緒に、以前日本に来たときに撮影したという写真のプラチナプリントまで同封してくださいました。

大切にしたいと思います。