雑記です。

フランスのコシャーさんの工場で作られているという箱。
公的機関などでアーカイバル用にも使われているようなので購入してみました。
(MUJIで購入できます。)

シンプルで素朴な感じが好きです。

そしてこの箱、ダゲレオタイプを収納するのサイズがちょうど良いのです。
Quarter Plateを横にした高さにぴったりおさまりました。

自分のコレクションを整理して掲載したいのですが、少し後回しになっています。

頭の中がややカオス状態でして、湿板卒業に伴い手放した薬品をまた突然連れ戻したり、
(別の用途で使います)


一塩化ヨウ素を準備したり。



ワッフル作ったり。

何度も失敗。もはやホラー。 でもダゲレオタイプをやっているとこんな失敗は全然大したことありません。
(焦げてこびりついた生地を剥がすのがまぁまぁ大変ですが。。。)

5回目くらいでやっと少し上手にできました。

写真をやっていると考えすぎて煮詰まるので、たまに全然関係ないことをして少し脳みそを整理します。

これで分かったことは、私はやはりプロセスが好きだということです。
別にワッフル食べたくないのに、作りたくなってしまう。

もちろんプロセスだけが好きというわけではなく、その面倒くさいプロセスから生み出された美しい成果物を見て小さな達成感を感じるのが好きなのかもしれません。 綺麗にできたワッフルを見たい。。。

ダゲレオタイプから離れているようで、やっていることはもしかしたら似ているかもしれません。