インドかどこかのほこりっぽい街に知人と放り出され、帰るすべがなく困っている夢を見ました。

街自体は古びているもののカラフルで、人々が来ている衣装もカラフルで、でも異様にほこりっぽくてちょっと先に行くと砂漠のような砂だらけの土地が広がっています。だんだん暗くなってきて、このままだと泊まる場所もなく、こんな場所で野宿はできないとタクシーを捕まえようしました。でもすべて回送か迎車のみでした。(なぜかタクシーは日本仕様。)

その前にいたホテルに電話をして、やけに愛想の悪く訛った英語を話すホテルマンに困っている旨を説明すると迎えに来てくれるとのこと。住所を教えろと言われましたが、どの建物もどこに住所が表記されているかわからなくてひたすら歩きまわって番地を探します。 やっと見つけた建物は古臭く朽ちかけた木造の建物で、土地の形に合わせて三角形に設計されていました。薄緑色の錆びた看板に住所らしきものがかかれています。外壁には褪せたカラー広告がいっぱい貼ってあり、売春宿のような雰囲気で、私たちのいた場所はとても不穏な空気が流れていました。

残念ながら住所を見つけたところで目が覚めてしまったので、無事迎えに来てもらえたのかわかりません。

今朝の夢はたくさんの登場人物にたくさんのストーリーが展開され、とても色彩豊なものばかりでした。

はて、私が今こうやってブログを書いているのも夢ではないと断言できるのだろうか・・・・と思いながら書いています。

***

今日も雑記です。

11月に入ってから猛烈に忙しくなり、なかなかダゲレオタイプに時間を割けなくなってきました。

というよりダゲレオタイプはある程度まとまった時間が必要なので、その時間の塊を作りずらくなったと言った方が良いかもしれません。
今年は忘年会も入ってきているので、これから12月に向けてますます忙しくなりそうです。とりあえずまとまったお休みがくるまでしばしテストはお預けです。

最近三脚を買いました。

すでに三脚は複数持っているのですが、カメラを変えるごとに三脚を付け替えるのは面倒で、以前は4x5〜 12x16カメラ用だけでよかったものが、中判や35ミリでもダゲレオタイプを撮影するようになったので、数を一つ増やしました。

もう何年も前にポストしましたが、私のお気に入りは不動のMajesticです。

でもなかなか手頃なものが見つからなかったのと、小型カメラであればそこまでどっしりした三脚はいらないので、2番目にお気に入りのHuskyにしました。

良いですね、Husky。 この先家族が増えるとしてもMajesticかHuskyにすると思います。

随分前に撮ったものですが、我が家の三脚軍団です。 左手前の三脚の金具が一つなくなってしまい、今使えないので、結局一つ増やしたところで元の数になったというだけでした。
(三脚をコレクションしているわけではありません、念のため・・・。)