Black vs Black (黒 対 黒)

Tags

, ,

昨晩 写真とはこういうものだよ、と、非常に納得のゆく説明を夢の中でしてもらいました。誰がしてくれたのかはわかりません。

なるほど! と、目から鱗でモヤモヤしていたものが一気に解けたので、これは目が覚めても覚えておかなくてはと思っていたのに、目が覚めたらもう言葉で現すことができなくなっていました。

まぁ夢は大抵そんなものです。 私はたまに自分の笑い声で目を覚ますのですが、夢の中ではものすごく可笑しかったのに目が覚めたら面白くもなんともない。 くだらないことで笑いながら目覚めた自分が滑稽でまた笑うという、かなりシュールな情景です。

(ということは、その写真の説明も現実の世界では役に立たないものかもしれません。)

***

昨日のダゲレオタイプの黒が気になりすぎて、過去の自分の撮影したダゲレオタイプをさぐってみました。


ちなみに過去は、黒まで頭が回っていません。とにかくいかに画像をきちんと写すかで必死だったのと、その頃は黄金のダゲレオタイプや、ダークチョコレートのようなトーンのダゲレオタイプがお気に入りだったので、別に黒はどうでもよかったと言った方が良いかもしれません。

そして、ありました、やや黒めのダゲレオタイプ。 写真としては失敗ですが。

しかしながら記録してあったデータがかなり微妙でした。。。

磨きにどの研磨剤を使ったかと、露光時間しか書いてありませんでした。(今となってはどうでもいいわ、という内容。)そのときの私のテーマが「研磨」だったのかもしれません。

本当にこればかりは自分を恨むしかありませんが、ひたすら撮り散らかして一番重要なヨウ素と臭素のデータがないなんて致命的です。 これから心を入れ替えてデータを蓄積してゆきたいと思います。

昨日のダゲレオタイプと黒を比較してみました。

全然黒の出方が違います。 私の黒はチャコールグレーのような色でした。 それでもまぁまぁ他のものと比べたら黒が出ている方だと思います。(このときはどうやって撮ったんだろう。。。)

これをやり出すと、またダメ出しオンパレードで全然進まなくなるので、こちらもいずれ課題にしつつ、とりあえずは今のテストを続けたいと思います。

Black in daguerreotype (ダゲレオタイプの黒)

Tags

, ,

今日私が所有しているダゲレオタイプを眺めていて、その黒の黒さに改めて感動しました。

黒がとにかく黒い。 そして同じ黒で素材の違いまでもがきちんと表現されています。

なんの変哲もない普通のダゲレオタイプですが、とにかく細部にわたって美しいのです。

この黒を私はまだ出せていないと思います。
私のダゲレオタイプは、黒っぽくなったなと思ってもまだセピア色。

もしかしたら過去に間違って(?)黒が出たことがあったかもしれませんが、そのときは記録をとっていないので、どういう配合でその色が出たのか、今となってはわかりません。

テストをしつつ、この黒を求めてまた長い旅が始まりそうな気がします。
うーん、この段階で昔のダゲレオタイプを見なければよかったな。。。

果たしてこの黒を出すことは可能なのだろうか。
”ぞっとする感じ” は、昔のダゲレオタイプでしか味わったことがありません。

そして私が求めているのは、このなんとも言えない不思議な感覚です。
私は写真を見ているのだけど、写真を見ているのではない
ダゲレオタイプは写真だけど写真ではない、そんな感覚。

初日にわざわざ新幹線に乗って展示を見にきてくれた知人(写真は詳しくない)が、

「普通の写真との違いが全然わからない。」

とショックなコメントをくださいました。

そうか。。。!! そうなのか。 遠いなぁ。。。

Quitting wet plate process (湿板卒業します)

もう長いことやっていないので、え、今さら? 感はありますが、湿板は卒業することにしました。
一応、湿板の情報を求めてこのブログを訪れてくださる方もいらっしゃるので、正式に宣言しておきます。

もしかしたらまたやるかなと、いろいろとっておきましたが、おそらくもうやることはないと思います。

理由としてはスペースの問題が一番大きいかもしれません。

ガラスもかさばるし、うちには専用の暗室もありません。(暗い部屋はありますが。)
その都度お風呂にシートを広げて、いろいろ準備して、でも一旦片付けてしまうとまた広げるのが大変だからそのままにしていたりして、床は硝酸銀だらけになり、やはり生活のスペースでの湿板はかなり大変。
よくやっていたなーと思います。

・・・・と、つらつら述べましたが、そんなことが理由ではありません。

物事はやりたいという気持ちがあればどんな状況でもなんとかなります。

結局、湿板に興味がなくなったというのが一番大きな理由です。

ダゲレオタイプを初めてから、いつかはそうなるとは思っていましたが、比較的早くそうなって、でもなんとなく宣言できずにずるずると何年も経ちました。


過去の記事はどこまで参考になるかわかりませんが、とりあえずのところは取っておきたいと思います。

Test preparation (テスト準備)

Tags

, ,

今とても気になっているものがあります。

それは明治期に制作された並河靖之の七宝の作品。
今まで七宝は特に興味はありませんでしたが、とある方から並河氏の作品集を見せていただいて、世の中にはまだこんなに美しいものがあるのかと衝撃を受けました。 その繊細なデザインと色使いを一度この目で実際に見てみたいです。

「英国写真家の見た明治日本」という本もお借りしました。そのイギリス人著者が並河氏と会った時の様子などを記録しています。

***

毎日何枚かテストをしていますが、記録が追いついていません。
自然光で撮影しているとあまりのんびりしていられないため、次から次へと撮影するうちデータがごちゃごちゃになってしまいます。

撮影しつつ、頭の中でテストの方向性を整理しています。


記録するものに温度や湿度も加えることにしました。これは以前にうさぎ部屋で使っていた温湿度計。

一番の問題は鍵を握る臭素です。
とりあえずは写真を撮る方法で濃度を記録していますが、実は写真は実際の色とだいぶ違って出てしまうのであまりあてにはなりません。

こちらについては、2〜3別の方法を考えています。また準備が整ったら試してみたいと思います。

Santa came early (サンタが早めにやってきた)

ちょっとクリスマスには早いのですが・・。

子供の頃は1年のイベントの中でクリスマスが一番大好きで、クリスマスのことを考えるだけで胸が高鳴って、終わってしまうとものすごく切なくて、特に欲しいものをほとんど買ってもらえなかったこともあいまってクリスマスが待ち遠しくて仕方ありませんでした。

でも多くの大人がそうであるように、知らなければよかったことを知ってしまったときからやや冷めてしまい(両親がサンタだったという真実ではないですが)、クリスマスもなんだか普通の日と変わらない時間を過ごしています。

しかし、つい先日私にちょっと早い、そしてワクワクするようなクリスマスがやってきました。

その方は、私のことを「部長」と呼ぶのですが(そしてご自身のことは部員を称されます)、以前にも実はドラフトチャンバー設置のお祝いにいろいろ素敵な理科系(写真系)のお品物を送ってくださいましたが、またしてもプレゼントを送ってくださいました。

ずっとこのブログを読んでくださっていて、写真がお好きな方なのかなと思いきや、とんでもない、その知識は、びっくりするくらい豊富で、単に好きという部類にくくってはいけないくらい何でもご存知です。つまり、立場的には私が部員なのです。

箱が届いた時には、早く中身が見たい一心で、チンパンジーのように手でベリベリと段ボールの蓋をやぶって開けました。

***

今回も前回に引き続きとてもとてもかわいらしいコロジオンの瓶が入っていました。瓶好きの方なら特にこの瓶の美しさをわかってくださると思います。

前回送っていただいたものと一緒に並べてみました。 とても貴重なお品物と思います。今までに何度か検索しているのですが、売っているのを見たこともありません。このコロンとした蓋がたまらなく可愛いのです。


そして、「臭素さんを保存するのに使ってください」、と試薬瓶がひとつ。
こちらも初めて見る形ですが、二重蓋になっておりとても美しいです。蓋を閉める時のガラスの微かに擦れる音とその感触が心地よいです。

塩化金酸。 これを送ろうと思われるマニアックさがたまらなく好きです。。

今回は写真系ではないものも入っていました。いただいた直後に食しましたので、破れてますが。。。

クセになる美味しさで、毎日食べても飽きないかもしれません。特にダゲレオタイプに取り掛かると食事に時間をかけなくなるので、とてもありがたいです。

それ以外にも太宰府の史跡の資料や小さくなチャームなども同梱くださいました。
こんなにたくさんの美しくて珍しいお品物本当にどうもありがとうございました。大切にいたします。

本当は現在開催中の展示をぜひ見ていただきたかったのですが、残念ながら来られないとのこと。
写真だとなかなか伝わりづらいですが、その様子と何か御礼のお品をお送りできればと思います。


今日はいただいたコロジオン瓶をモデルにしてテスト撮影をしました。

ずっとLerebours et secretanを使っていましたが、レンズをエルマジーに変更しました。

画質は乱れておりますが、可愛らしい様子が撮れました。
しばらくはこの子たちにモデルを務めていただく予定です。