Tags

, ,

「あなたは残念ながらアウトです」、と会社に言われる怖い夢を見ました。このところどんどん人が辞めていく(というより辞めさせられていく)ので、仕事のことはほとんど思い出すことなく写真をやっているつもりでも、心のどこかで不安を抱えているに違いないのです。
目が覚めて、あ、夢だったんだ、と思って安心して寝たら、実は夢じゃなかった、という現実に落胆し、夢の中でまた目覚めてやっぱり夢だったんだ、とほっとして、そしてさらに目覚めるという、ロシアのマトリョーシカを彷彿とさせる面倒くさい展開になっていました。(もう、朝から疲れるんだよ。。) 

それはさておき、今まで銀板がすり減るほど磨いても写らなかったプレートが突如として写り出しました。
何度試しても写らなかった銀板。
failed

写るようになりました。でも、もともとあまり写る銀板ではないようです。ある銀板はいつも露光オーバーのようになるし、そればかりはコントロール不可能。安定した品質を求めるのであれば、Mike先生のところで購入できるクラッドの銀板が良さそうです。
ギルディングに失敗して、人魂のようなものが出来ました。これは汚れに反応している可能性があるとのこと。ギルディングはうまくなったつもりでいましたが、このところの失敗続きを見るとまだまだらしいです。
EPSON MFP image