Tags

, ,

ダゲレオタイプの年代を判断する資料として髪型の歴史の本を入手しました。


左は1830-1930年、右は1840-1900年。

残念なことに左の本は1830年代、1840年代の掲載量が極端に少なくイラストがメインです。
ただ絵は美しいし、ちょっとした読み物としてはなかなか面白いです。
逆に右のソフトカバーの方はダゲレオタイプもたくさん掲載されていて、説明も分かりやすく、購入して後悔のない本でした。

ただ、よくよく考えてみたら1840年代と1850年代のダゲレオタイプの区別は髪型を見なくてもだいたいわかるし(中には難しいものもありますが)、仮に髪型で判断するにせよ年代が変わったら突然スタイルがぱきっと入れ替わるわけでもないので、これだけでは判断がつかず、やはりいろいろな視点から見る必要がありそうです。

 

 

この子は1840年代。 私が惹かれるのは主に1840年代のダゲレオタイプです。

Advertisements