Tags

, ,

最近このハムスターのミニチュア工房の動画にハマっています。

ハムスターサイズのご飯や道具をこれでもかというくらい、黙々と製作している動画ですが、とにかくその手先の器用さにただただ驚くばかり。気づくと口を半分開いたままかなりの時間見続けていました。マットの角をまともに90度にカットできない私からしたらもう神の領域です。

それを見たからというわけではありませんが、4x5以外の小さいサイズのダゲレオタイプを作って遊んでいます。

そうだ、うさぎの骨の小さなダゲレオタイプを作ろうと思い立ち、ペンタックス6x7で撮影したところ、実はペンタックス6x7はこれ以上寄れない・・・ということが判明しました。

もうちっちゃすぎて何を撮っているのかわからない。
写りも暗くて微妙ではありますが、もう少しフレームいっぱいに撮りたいのです。

この最短焦点距離にはいつも悩まされます。 ライカだってズーキーみたいな小物を出しているし、みんなもっと寄りたいんです、きっと。

どうにかならないかな、と思っていたらどうやらペンタックス6x7用の接写リングというのがあるようなので、今度はそれを入手して撮影してみたいと思います。