Tags

, ,

完全放置状態のダゲレオタイプたち。
need housing

いままでの分は適当に段ボールでハウジングをしていました。無酸性のマットでないとダゲレオタイプによくないのはわかっていますが、とりあえず画像を損ねてしまわないよう応急処置。
cardboard housing1
アマゾンの段ボールを好んで使っています。

cardboard housing2
最近はその段ボールの窓をくりぬく作業が面倒になってきました。

いい加減なんとかせねばならないと思い立って、こんな道具を買いました。
mat-cutter
マットカッター。マットの窓をくりぬく道具。

試しに段ボールで練習してみたら、いとも簡単に窓があきました。
cutting practice

あとはミュージアムボードを購入するだけ。段ボールは晴れて卒業します。段ボール好きの私からしたらちょっぴり残念。でもダゲレオタイプを守るためには致し方ありません。

そういえば大好きなMiroslav Tichyは、額も段ボールで作っていました。
Miroslav Tichy
Source : http://www.vice.com/read/miroslav-tichy-933-v16n7
本人は恐らくいたって真剣。このセンスがたまらなく好き。女性を隠し撮りしていたいわゆる変なおじさんですが、写真に対してはとても純粋だと思う。

おとといのダゲレオタイプは、どうやら銀板に問題がありそうな気がしてきました。ヨウ素も何週間も使用しているのでそれも交換して再度試したいと思います。